活動紹介

一週間温めたエッグベネディクト

若者支援事業

今週の夢ぽーとクッキングは、先週作る予定だった

「エッグベネディクト」

先週は急遽レシピを変更したんでしたね。(先週の記事はこちらから)

という事で一週間温めたエッグベネディクトを作っていきます。
まずはパンとベーコンを焼きます。

もうこの時点でパンにベーコンのっけて食べてしまいたい衝動を抑えつつ…

ここからが難関でありエッグベネディクトのメイン食材ともいえるポーチドエッグを作ります。

これなかなか難しいんです。

卵を沸騰したお湯に落とす時に白身が散らないようにするのがポイントです。
ちょっとオタマで鍋をクルクルして渦を作って卵をポトッと落とします。

少ししたら鍋からプルップルの卵をすくい上げます。

難しいけど、うまくいくと気持ちよくて癖になる作業です。

エッグベネディクトを作る傍ら、付け合わせも作ります。
今回は、野菜スティックとリンゴジュース。

リンゴジュースも手作りです!

手作りのリンゴジュースは酸化すると、すぐに色が暗くなるので、手をかけて作った人しか飲むことができないおいしさです♪

作ったものをお皿に盛りつけて…

完成!

とっても上手にできました!
見た目にも素敵で、おしゃれなカフェに出てきそうな仕上がり…!

今回作った「エッグベネディクト」には、最後に「オランデーズソース」というものをかけます。
料理前、みんなで今回のクッキングの買い出しに行った際、そのソースが売っておらず困っていると、一人の子が「だったら作ろうよ!」。

他の子たちも、すぐにその子の提案に賛同し、すぐにみんなで検索。

材料を購入しなんと、そのソースも自分たちで作ってしまいました…!
すごい!!

協力しているスタッフも含め、誰も作ったことの無かった料理ですが、みんなで調べて挑戦し、きちんと完成というゴールにたどり着くことができました。
為せば成る!ということを体現してくれましたね。

また、そのエッグベネディクトについては、クッキングに参加した子たちの内数名がとても気に入ったようで、「これから何度も作って極めたい!」と、なんとも頼もしいお言葉…!

もともとはコミュニケーションの場のひとつとして始まったこのクッキングタイムでしたが、近い将来、
この場を通してプロ料理人を目指す子たちが出てくるかもしれませんね…!
そんな期待の高まる、みんなのやる気にとても驚かされた一日でした。

ごちそうさまでした!

企業情報
本社

〒861-4113
熊本市南区八幡6丁目5-1

TEL : 096-357-9151

本部

〒860-0042
熊本市中央区小沢町19-1-1002

TEL/FAX : 096-202-5842

台湾

〒220-65
新北市板橋区民族路58-4

TEL/FAX : 02-2751-3788

設立日

2014年12月26日

お問い合わせ
お問い合わせ項目*
   
  
お名前*
    
  
会社名(法人の方)
    
  
E-mail*
    
  
E-mail(確認用)*
    
  
電話番号
    
  
住所
    
  
お問い合わせ内容*